パニック障害なんて怖くない!

スポンサードリンク


1

私がパニック障害という病気に罹ってから、はや50年が経ちます。
50年目の今日と言えば、既に治ってしまっています。

パニック障害が治ったのは、TFTタッピングを行ったから治ったのか、それとも、歳の性か、はたまた、運動をよくやるようになったから治ったものか、判断がつきかねますが、とにかく、今は完全にパニック障害から立ち直っています。

振り返れば、私がパニック障害になったのは15歳で中学3年生の時でした。
寒い冬のさなかで、確か1月か2月頃だと思います。

そのことをよく覚えているのですが、夜も更ける頃、高校入試のために勉強中だったのですが、その時に急に呼吸が苦しくなり死ぬのかと思いました。

私の子供の頃は、寒くても暖を取るストーブのような便利なモノがなくて、火鉢で部屋を暖めて勉強中だったのですが、その火鉢が練炭火鉢だったので、以前から練炭火鉢での一酸化炭素中毒死と言うのを聞いていたので、勉強しながらでも、そろそろ窓を開けないとヤバいぞ。と、思いながらの勉強だったのです。

その時なんですが、急に呼吸が苦しくなって、やっぱりヤバい中毒では、と思い、2階の勉強部屋の窓を開け、屋根に飛び出して深呼吸を思いっきりして難を逃れたと思っていたのですが、どうもそれがパニック障害の始まりだったのです。

と、いうのは、練炭火鉢での一酸化炭素中毒の場合は、呼吸など苦しくならないし、意識がもうろうとして、身体が動かなくなるようなのです。
気か付いたときには、手遅れで、屋根の上に逃げる力もないはずなのですが、私の場合は窓を開けて2階の屋根に逃げたのですから、意識がハッキリしていてのパニックを起こしていたのです。

その時は、心臓がドキドキと凄い速い脈を打っていました。

mg869

それからです、何かあると、心臓がドキドキしてパニックになるようになったのは。
それとともに、気も弱くなり始めました。

子供の頃はやんちゃ坊主で、怖いもの知らずだったのですが、このことを境に気の弱い、気の小さい男になったようでした。
それからというもの、自転車で学校に通学するときにも、強い北風が吹いてくると、息が詰まり呼吸が出来なくなるような錯覚にとらわれて、パニックになり、思わず自転車を止めて暫く、ハアハアとしんどそうな呼吸を繰り返して、治まるとまた少し動くという、そんなチンタラした行動をとっていました。

その時のことなんですが、私はマラソンが得意で心臓が人よりも丈夫だったんです。
それで、心臓が悪いわけはないと自分では分かっていました。

しかし、当時では「パニック障害」なんて言葉や病気名もありませんでしたから、訪ねる医者もありませんでした。

精神科医の書いた医学書を買い求めて、その本の中に書いてあった専門の名前が、阪大の女性医師だったので、その医師を訪ねて診察をお願いしたところ、「自分で心臓も悪くなく精神的なものと分かっていれば治ったも同然」と言われ、追い返されました。

当時では、そんな患者があまりいなかったからでしょうし、医学的にも確立した病気ではなかったので、医者もどうして良いのか分からず、追い返したのでしょうね。

それから、50年過ぎましたが、いまでは、パニックの発作がどこにいったのか、分からないくらいです。

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 

bandicam-2015-03-03-20-16-46-641


a7
kazoku-1



パニック障害とは、パニック症候群ともいいますが、このパニック障害の症状がでると、パニック発作を起こしてしまいますので、過呼吸になって苦しい思いをしなければなりませんが、このようなパニック障害の治し方としては、病を自分で克服することになります。例えばサプリメントの服用などがありますが、人間は誰しも不安や恐怖感に襲われると、ノルアドレナリンが大量に出て、神経を安定させるためのセロトニンが不足してしまいます。 
パニック障害は、このように異常にノルアドレナリンが放出され、セロトニンが異常に不足を起こすと、パニック症候群に陥ります。 パニック障害の症状は、過呼吸になったり、またはその逆の酸素不足になったりします。治し方はゆっくりとした呼吸法を行い、時間をかけてパニック障害の克服に勤めるべきです。 
サプリメントとの併用もお勧めなのですが、ノルアドレナリンが出やすい体質を改善したり、またセロトニンが出やすい環境作りも必要かと思われます。
そもそもパニック障害とは、脳の病気であって心臓やその他内臓の病気ではありません。 ノルアドレナリン セロトニン パニック障害のいずれも大事なこうもくです。
パニック症候群とは、症状が出るとパニック発作を起こし、今にも死にそうな苦しさを味わう怖い病気なのですが、その内の1つに過呼吸があげられます。これは苦しいからといって深呼吸を繰り返すと余計に苦しくなりますから、治し方にもその症状に合わせて克服しないといけません。
セロトニンなどのサプリメントを飲んで、ノルアドレナリンの放出を制限するように働きかけると、セロトニンの効果が倍増しますから、パニック障害の発作をよく起こす人には有効的な方法です。サプリメント ノルアドレナリン セロトニン パニック障害 パニック症候群 症状 過呼吸
パニック症候群は、昔にはなかった言葉で、最近ではこのような症状を起こす人も増え始めたので、段々と研究され、病名となったようです。
確かに、過呼吸は苦しいのかもしれないですね、呼吸をすればするほど症状が酷くなり、酸素量が増えれば増えるほど症状が重くなります。このような場合は、袋を口に当て、袋の中に溜まった二酸化炭素を吸うようにすればいくぶんか治まりが早いようです。パニック障害 パニック症候群 症状 過呼吸 治し方 克服 サプリメント
パニック発作の治し方や克服方法は、自分で発作が起きたときに出来るだけ冷静に対応できるようにし、どうすれば発作が早く治まるか冷静な判断と対応を身につけるようするべきです。パニック障害 パニック症候群 症状 過呼吸 治し方 克服 サプリメント ノルアドレナリン セロトニン 
サプリメントのセロトニンは、人間の体内でも自然に作られてはいますが、それなりの作られる条件や環境を作らないといけません。
パニック障害とパニック症候群は同じもので、おなじ症状がでますが、私はまだ過呼吸や過換気症候群にはなったことがありませんから、なかなか治し方が分からないでいます。多分克服するにも時間がかかるかと思います。パニック症候群 症状 過呼吸 治し方 克服 サプリメント ノルアドレナリン セロトニン
 治し方 克服 サプリメント ノルアドレナリン セロトニン パニック障害 パニック症候群 症状 過呼吸 治し方 克服 サプリメント ノルアドレナリン セロトニン  
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ